人気ブログランキング |

愛しいミーちゃん。

私はミルクを家族にするまで、猫ちゃんと暮らしたことがありませんでしたし、まさか、私が、猫ちゃんと暮らすことになるなんて、夢にも思っていませんでした。

アトムと散歩中、子猫のミルクを見つけて、ほんとに、勇気を持って保護しました。心臓バクバクでした。


空き家の庭先で、小さな子猫が大きな声で泣いていたんです。
泣いているというより、私たちを呼んでいるようでした。
一度、アトムと家に帰り、ドックフードと巾着袋を持って、子猫のいる場所に戻りました。
鼻はじゅるじゅるで、おめめは、目やにでいっぱい。やせっぽちでした。
「ねえねえ、おばちゃん、僕はお腹がすいているんだよ。僕をおうちに連れていってよ。」と言っているかと思いました。
そのときは、女の子か男の子かわかりませんでしたが。😸
見過ごすことはできなかった。
で、ドックフードを置いたら、軒下から出てきて簡単に手で捕まえられました。
そして持って行った、巾着袋に入れうちに連れて帰りました。
すぐ、病院へ連れていき、診察してもらい、なにもわからない私は育て方などを教えてもらいました。
そして、元気になったところで、里親さんを探すつもりでした。

ちばわんを知り、ちばわんの代表に相談させてもらったりしましたが、
可愛くて手離せなくなり、うちの子に迎えました。
正確に言うと、夫が手離せなくなったんです。(((^^;)
f0046854_18035675.jpg

私たち夫婦は猫の魅力にはまりまして、ミルクが可愛くて可愛くてたまらなくなりました。(^O^)


あれから、15年近く、ミルクと暮らしました。

我が家の最初で最後の猫のミーちゃん。
可愛くて可愛くて、たまらなかったよ。


また、ミルクのお話は続かせていただきます。❤


たらちゃんと2ショットのミーちゃん。
f0046854_18074635.jpg



by atomyu55 | 2019-02-19 17:56 | みるく | Comments(2)

Commented by rr-tsu at 2019-02-19 18:30
ミーちゃんの話も楽しみです!!
Commented by atomyu55 at 2019-02-21 15:45
はーい、ありがとうございますー。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。