保護犬たちを…

保護犬の存在、捨てられた犬たちの行く末、ペットショップで売られている犬たちの母犬、父犬のことなど、やっぱり知らない人たちが多いです。
ここ数年、多くの皆さんが知ってくださり、保護犬を迎えたいと思われ、
実際迎えてくださった方々も多いと思いますが、やっぱり知らない方々が多いと思います。

今の現実を多くの皆さまに知っていただきたいと思います。
私にできることをと思います。
そういう活動も重要だと思います。


まずは知っていただきたい。


そして、できれば、保護犬を家族に迎えていただけたらと思います。

5月5日は八王子開催のちばわんいぬ親会が開催されます。
保護犬を迎えたいと思っている方も、保護犬って?と思われている方も
預かりボランティアをやりたいと思われている方も、一度足を運んでいただけたらと
思います。
いぬ親会、明るく笑顔いっぱいの楽しい会ですよ。
是非、お出かけください。

詳しいことはこちらからお願いします。


43頭の可愛い保護犬たちが、お待ちしています。


うちの預かりっこだったせりなとシュガーです。
f0046854_2295950.jpg

今はかけがえのない友達です。

by atomyu55 | 2013-05-01 22:12 | Comments(2)

Commented by j_doe at 2013-05-02 18:22
そう思ってしつこくならないように気をつけながらはなが保護犬であることなどをさらっと話すようにしていますが、たいていの人は「知らない」のではなく偏見を持っているだけのようです。
偏見を解く努力もしてみたのですが洗脳されていると思われているらしく逆効果なようで・・・。
残念ながら私には保護活動に対する一般のイメージを変える力はありませんが、せめてちばわんの後方支援だけでも続けて行きたいと思います。
Commented by atomyu55 at 2013-05-02 21:40
☆ j_doe さん
コメントありがとうございます。10周年の時、お顔見られてうれしかったです。

そうですか。偏見の方、多いですか。
確かにいらっしゃいますよね。なかなか難しいです。私もさらっと伝えていますが。
いつもご支援ありがとうございます。
そして、はなちゃん3周年おめでとうございます。
はなちゃんがセンターにいた時の事、今でも覚えています。幸せになってうれしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。