いつも笑顔で!Ver2

atomyu55.exblog.jp

静岡の田舎暮らしと猫のミルクとちばわん出身のなつめとたらめのことを綴ります。

ずっと大好き

うちの子、アトムですが、13歳と4か月になりました。
正確に言うと、13歳と4か月とちょっとですね。
私はアトムが13歳4か月過ぎるのを待っていたのですよ。
アトムは3頭目の子でして、今までの2頭は11歳と5か月、13歳と4か月という年齢で
お星さまになってしまいました。
ですので、アトムは13歳4か月はなんとしても、超えてほしいと願っていました。
おかげさまで前の子の13歳4か月を超えられました。
14歳を目指して頑張らないとですね。

まだまだ、アトムは元気ですが、すっかり老犬になりました。
耳も遠くなり、目も白内障になり、たぶん臭覚も落ちています。
関節も悪いです。脊椎にも加齢による病気があります。
心臓も弱くなっています。
最近はほんとによく眠るようになりました。


でも、毎日、お散歩をして、ご飯を食べて、おやつも食べて、おうちの中のトイレも
ちゃんとできます。
お散歩は、関節の問題がありますので、軽くですが。
おやつ頂戴、おやつ頂戴とうるさく催促もしますが、まあ、元気な証拠と思い、それも
よしと思います。


穏やかなこんな日が、少しでも長く続くといいと思います。


f0046854_1545430.jpg



年をとったからということで、病気になったからということで、センターに犬や猫たちを
持ち込む人がいます。

それって、翌日には「殺処分」ってことなんですよ。
猫ちゃんは、当日ってこともあります。


よくわかりません。
ほんとにその子を愛していたんでしょうか。
いつも腹立たしく思います。


犬、猫を家族に迎えるということ、
どんなことがあっても、たとえ、どんなことがあっても、絶対、手放さず、
その子の一生を守ること。
一生愛し抜くこと

それができないのなら、犬猫を家族になんてこと、考えてはいけませんね。
センターレポートを観ていつも思います。


f0046854_15122118.jpg
f0046854_15122971.jpg
f0046854_15124280.jpg
f0046854_15125716.jpg

私のスリッパ、ぺぴのおもちゃになってしまいました。
かみかみ大好きです。
f0046854_15131687.jpg

f0046854_15145768.jpg

f0046854_15151219.jpg
f0046854_15152343.jpg


ペピーノ、ペピーノを一生守ってくれる、素敵な家族がきっと迎えに来てくれるよ。
Commented by あおい at 2012-07-27 18:03 x
ご解答ありがとうございました!
ぺぴちゃんは、幸せのお星さまを見つけたかもしれないのですね!
残念だけど、ぺぴちゃんの幸せが一番の願いです。
普通に、新潟県は遠すぎますよねー!
ちょっと非常識でした。ごめんなさいm(_ _)m!
アトムちゃんもかわいいですね!幸せいっぱいなのがよくわかります。
大丈夫です!まだまだがんばってくれますよ!
ウチの先代は、19才でお星さまになりました…
アトムちゃんもぺぴちゃんも末永く、幸せでありますように… 遠くから応援しています!
Commented by atomyu55 at 2012-07-27 22:10
☆あおいさん
とんでもないです。こちらこそ、ペピのこと気にかけてくださってありがとうございます。

先代ワンちゃん、19歳ですか。素晴らしいです。あやかりたいですよ。まだまだ、頑張ってもらいます。
ぺぴもきっと素敵なご縁があると思います。
必ず幸せになってもらいます。
Commented by loco_maro at 2012-07-28 07:02
先代犬より1日でも長く…。本当にそうですね~。うちの先代犬は6歳で逝ってしまいました。まろがその年齢に近づいてきて、なんだか意味もなく不安な気持ちになります…。
アトムくん幸せいっぱい長生きしてほしいですね!!

まろ父
Commented by atomyu55 at 2012-07-28 22:29
☆まろ父さん
先住ちゃんは6歳でしたか。大丈夫まろくんはその子の分まできっと長生きしてくれますよ。
ほんとに私も気持ちわかります。
最近、アトムは年をとったなぁと感じるようになりました。
まだまだ元気で頑張ってほしいです。ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by atomyu55 | 2012-07-27 15:16 | あとむのこと | Comments(4)

静岡の田舎暮らしと猫のミルクとちばわん出身のなつめとたらめのことを綴ります。


by atomyu55