静岡の田舎暮らしと猫のミルクとちばわん出身のなつめとたらめのことを綴ります。

by atomyu55

マイクロチップ

このみたん、朝はまだお目目がとろんとしていましたが、ごはんは普通に完食しました。
早食いしてしまうので、ここんとこ、粉ミルクをお湯で溶いてドライフードと混ぜ、
ふやかしたのを与えています。

コロコロ寝ていましたが、夕方から、おもちゃで遊ぶようになってきました。
目力も出てきました。
痛がったり、傷口を気にしたりしていません。

本日のこのみたん
f0046854_21313168.jpg
f0046854_21314284.jpg
f0046854_213261.jpg

f0046854_2134021.jpg

f0046854_21343130.jpg


もう大丈夫ですね。回復力ありますね。
若いっていいですね。笑


ところで、マイクロチップのことを今日はお話しさせてください。
うちから巣立った、預かりっこのいぬ親様たちには5頭目のよもぎから皆さんに
お願いしています。
うちからほとんどの子は入れさせていただいていますが、何頭かの子は
後から入れていただいています。

このみにも入れてお届けしたいとお願いしましたら、このみのお姉さんが
「今度の子は入れようねと家族で話したんですよ。」と言われたのですよ。
そのこともとてもうれしかったです。

今回の大地震で飼い主さんと離れ離れになった犬猫たちがとても多くいます。

なかなか大好きな飼い主さんと会えない子も多いと思います。
もし、マイクロチップが入っていたら、飼い主さんと会える確率はアップします。
愛護センターには今、チップを読み取るリーダーはありますし、動物病院にもかなり
普及していると思います。
もちろん、鑑札、迷子札は必須ですが、とれてしまう可能性の高いですから、
とれないマイクロチップの装着をしてほしいと思います。
普段でも必要ですが、万が一の時にはさらに必要と思います。
愛する子を守るため、是非、装着してほしいと思います。
うちはアトムとミルクも入れています。
預かりっこたちは、二度と悲しい目に遭わないように、ずっと幸せでいられるようにと
お守りのつもりで入れていただいています。
料金は登録料込で5000円くらいだと思います。
病院により、違いますが。
まだまだ、普及していないチップ、これから普及率がアップしてほしいと思っています。
by atomyu55 | 2011-05-01 21:57 | このみ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。