ブログトップ

いつも笑顔で!Ver2

クミン

クミンは動物愛護センターにこんなに小さいのに2ヶ月間もいました。
持込ではなく、捕獲と聞いています。
捨てられていたのでしょうね、きっとキョウダイと。
センターにきた子犬たちがみんな譲渡対象になるわけではありません。
離乳の前の子、3.4ヶ月の子も処分の対象になるようです。
クミンは一ヶ月くらいで、譲渡される可能性が高いということで生きられる選択を
されたのでしょう。
職員の方たちは助けたいのです。
でも次々と犬猫たちがやってくるのでそれは無理なことなんです。
センターを生きて出るということは奇跡的なことです。
クミンの後ろには生きられなかったたくさんの犬猫たちがいるということを知って
いただきたいと思います。

f0046854_19593028.jpg

センターに居た頃のもっと小さいクミンです。
この頃からシッポがはげてますね。


本日のクーちゃんです。
f0046854_2031489.jpg

f0046854_2032461.jpg

f0046854_2034017.jpg

f0046854_2034950.jpg

クミン、幸せになろうね!!!
Commented by まろすもママ at 2009-01-17 20:41 x
クミンちゃん、こんなに小さな時からいたんですね。
目が今と違って悲しそうです。
みんなが幸せになれる日がいつか来る事を信じて、クミンちゃん絶対に幸せになろうね♪
Commented by atomyu55 at 2009-01-17 21:16
☆まろすもママさん
クミン、一ヶ月の頃からいると思います。もう少しで4ヶ月くらいかな。そう、目が違いますよね。私この頃からセンターレポートのクミンのこと気になっていたと思います。
必ず幸せになってもらいます。応援してくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by atomyu55 | 2009-01-16 20:04 | クミン | Comments(2)